ごあいさつ

安全・安心・便利な未来創造のため、
電子機器の頭脳となる「実装基板」の
不良を1つとして見逃さないように。

代表取締役社長
野口 光裕

当社は創立以来、「エレクトロニクス事業を中心に新しい価値を創造、安定、進化させることを通じ社会に役立ち続ける」という理念のもと、日本を代表する電子機器メーカー様の「最先端技術開発」と「ものづくり」を実装基板検査のソリュ-ションを提供する事で、側面からサポートさせていただいています。

近年エレクトロニクス業界は、ウェアラブル情報端末のように一層の小型化、高機能化が進むものや、海外企業との競合によりコストダウンが著しいもの等、色々な方向に早いスピードで変化しています。

当社はこのような状況において、お客様の開発段階から修理に至るまでの各工程に、当社の事業ドメインである各種実装基板検査装置のご提案、ファンクションテスターの開発、各種フィクスチャーの製造を、これまで以上に貢献し続けて参りたいと考えております。また新しいコンセプトを持った製品・ソリューションをタイムリーにご提供し、お客様製品の高品質化、新たな視点での効率化に寄与できるよう、進化を続けて参ります。今後とも引き続き、皆様の暖かいご支援をお願い申し上げます。

ニューリー・土山の事業

ニューリー・土山の特徴

ニューリー・土山ことNLTの基本的姿勢と
コンピテンスについてご説明いたします。

電子機器の頭脳の不良を1つたりとも見逃さない。

ニューリー・土山は、スマートフォン・車、産業用機器の頭脳に当たる実装基板の検査装置を開発・製造している会社です。1990年の設立以来、電子機器の需要が急激に拡大する中、その信頼性の担保するに不可欠な各種検査装置と先進のソリューションを提供し続けています。

NLT実装基板検査ソリューションへ>
×閉じる 

基板実装工程の全般に亘り、検査機器・システム・ソリューションをご提供。

電子デバイスの高集積化・小型化に伴い、基板実装の製造は高度化の一途を辿っています。歩留まりの向上を図りつつ生産効率を改善するには、検査プロセスにおける合理的なソリューションが求められます。ニューリー・土山では、基板実装のそれぞれ工程に最適な検査機器をラインナップし、お客さまの生産性の向上に貢献いたします。

NLT実装基板検査装置ラインナップへ>
×閉じる 

ニューリー・土山の真骨頂は、卓越した「治具製作技術」。

ニューリー・土山は、実装基板検査装置はもとより、被検査板と検査装置のインターフェイスとなる治具の製作でも高い評価を頂いています。治具製作においては、何よりも「被検査板を損傷させないこと」、そしてピン治具が「正確にコンタクトすること」、さらに「正しく配線すること」が求められます。ニューリー・土山は、各々のテーマに対し徹底したこだわりと独自のノウハウでこれを克服。他の追従を許さない高精度な治具製作を実現しています。

NLT治具製作技術3つのポイントへ>
×閉じる 

東日本地区でのサービス力・ものづくり力を強化し、一貫体制をさらに充実。

ニューリー・土山では、お客さまの要請に応じて、開発・試作評価・製造・納品・立上げ、そして保守までをワンストップで提供しています。また、東日本地区のお客様への対応力を拡充すべく、東京事業所として製造拠点を昭島市に開設。横浜ならびに新潟の営業拠点と相まって、東日本地区での一貫体制も構築しています。

NLT拠点展開へ>
×閉じる 

少数精鋭の機・電・情の技術者集団

ニューリー・土山のものづくり体制は、設計チームと生産チームに大別されますが、少数精鋭のエキスパート集団ならでの利点を生かし、ものづくりの現場を共有しながら、機械系・電気系・制御系の各エンジニアが境目なく相互に補完し合うことで、全体としてのパフォーマンスの向上と、自身のスキルの練磨に取り組んでいます。

採用情報サイトへ>
×閉じる 

自然豊かな甲賀・土山の地から世界へ

ニューリーとは、設立時の親会社の名前、「土山」は、この地の名称です。かつては東海道五十三次の宿場町として栄えた土山町は、今も昔の風情を保ち、また緑豊かな大地には茶畑が広がります。世界に広がる優れた製品、そしてそれを生み出す感性と技術は、甲賀の歴史と自然に育まれているのです。実装基板製造メーカーの強力な支援者として陰ながら振る舞う様には、忍びの精神が宿っているのかもしれません。

×閉じる