令和2年度第3次補正 事業再構築補助金により作成 お困りごとを、 自動化機器で 解決してみませんか

News

「地場製造業さまお困りごと解決システム」ホームページをオープンしました

Concept

人は、感じて、考えて、行動し、学習し、成長します。
人は、器用で、時と場合に応じて、フレキシブルに対応できます。
人は、唯一無二であり、喜怒哀楽があり、個性があります。

しかし、人が苦手とする部分もあります。
人の感知能力や技能、体力には限界があります。
疲労し、見逃し、ミスを犯してしまいます。
でも、あえて人の可能性に挑戦する。その道もあります。

一方、人がしていることの中から、人でなくてもできることや
人が不得意とすることを機械やシステムに任せて、
人は「人でなければできないこと」に注力する。そういう道もあります。

ニューリー・土山が考える自動化は、あくまでお客様ありき、人ありき。
作業の内容ごとに人と機械の最良の関係を共に考えデザインしていく。
それが私たちの流儀です。

Greetings

基板検査ソリューション事業で
培った自動化のノウハウを
社会に還元いたします

開発製造メンバー

ニューリー・土山は、創業以来30年に亘り、基板検査装置・治具の開発製造、それらを用いた基板検査工程の自動化提案を展開し、お客様の製品の品質向上、生産性向上をサポートしてまいりました。

当社の第二ステージとなる「自動化提案事業」は、ここで培ってきた要素技術を統合させ、お客様のお困りごとの解決に役立てようというものです。

対象となる領域は、たとえば反復性の高い単純作業や怪我のリスクがある作業、熟練者にしかできない作業、あるいは人の感知能力や技能の限界を超えるような作業等です。

自動化の目的は、省力化・省人化、生産性の向上にとどまらず、付帯してさまざまなメリットをもたらします。一つには、属人的スキルの資源化です。自動化の対象となる領域には、日々の業務によりスキル習熟したエキスパートが存在する場合があります。自動化においては、その方が保有する無形の技能を「見える化(数値化・パターン化)」し機械やシステムに代替させますので、属人化リスクを軽減させ、業務の継続性を担保することができます。さらに余力の生まれた技能者は新たな技能・技術の探究など創造性の高い業務に挑むことができるようになります。

「人から機械へ、人はさらに新たな次元の領域へ」
ニューリー・土山は、人と機械の最良の在り方を探求しながら、地域のものづくり力のさらなる発展と、それを担う技術者の育成と支援に貢献してまいります。

ニューリー・土山の強み
<要素技術体系>

Problem

こんなお困りごとを解決します!

生産設備が長持ちしない!

お困りごと

⾼温多湿環境下に設置している搬送装置の腐⾷劣化が激しい

解決策を見る

単純反復作業に人手がかかる!

お困りごと

⼈⼿により商品を箱詰めしているが、季節商品で繁忙期に対応できるよう⾃動化したい

解決策を見る

逐一設定値を入力するのが面倒!

お困りごと

溶接に際し、作業者が部材ごとに指示書に記された設定値を視認し、手入力しているため、効率が悪い!

解決策を見る

逐一設定値を入力するのが面倒!

お困りごと

溶接に際し、作業者が部材ごとに指示書に記された設定値を視認し、手入力しているため、効率が悪い!

解決策を見る

目視で類似形状を識別するのが面倒!

お困りごと

多品種である事から商品形状が似ていて、出荷時コンテナに付ける看板と現物が合致しない

解決策を見る

熟練者にしか求める品質が出ない!

お困りごと

熟練作業者がケーブルの端子(ターミナル)を手作業で圧着しており、代替作業者の確保が困難

解決策を見る

目視検査漏れにより
不良流失してしまう!

お困りごと

モジュ−ルからのケーブルにコネクタ−配線作業後の配線チェックは⽬視に頼る⽅法しかなく、不良流出の可能性あり

解決策を見る

搬送工程に時間がかかり過ぎる!

お困りごと

現状6軸ロボットで⾃動化は図っているが、搬送⼯程を⾼速化したい

解決策を見る

単純反復作業に⼈⼿がかかる!

お困りごと

既存の高温半自動装置への材料の投入と完成品回収は手動であるため、この工程を自動化したい

解決策を見る

手作業で圧入しているが
求める精度が出ない

お困りごと

樹脂製部品にナットを圧⼊しているが、圧⼊⾼さにバラつきができる

解決策を見る

手作業で接着しているが効率が悪い!

お困りごと

帯状の樹脂部品の両端を接着しリング化する⼿作業を効率化したい

解決策を見る

多数のボルトの締め・
緩め作業に時間がかかる!

お困りごと

手作業で行っている多数のボルト締め・緩め作業を自動化したい

解決策を見る

重量物を持ち上げる必要がある!

お困りごと

重量があり粘性の⾼いインクのストレーナ作業を省⼒化・省⼈化したい

解決策を見る

狭⼩部のバリがとれない!検査困難!

お困りごと

クロス⽳加⼯後のバリ取り、洗浄、検査で作業者に⼤きな負担かかっているため省⼈化したい

解決策を見る

作業者の官能検査では
結果がばらつく!

お困りごと

検査担当者毎に検査結果がバラツク、また同担当者においても検査結果にバラツキが生じる。JISに規定されたはく離試験方法に適合する有効な手段がない

解決策を見る

⻑尺物を梱包しづらい!

お困りごと

⻑尺建材を出荷する際、筒状のナイロン袋に⼊れる作業が煩雑なため⾃動化したい!

解決策を見る

端材の再利用とゴミの減量!

お困りごと

内装品の製作過程おいて端材が発⽣し現状は廃棄している。製品は2つの部材で構成されており、⼈⼿をかけずに分離できれば、⼀つ⽬はリユ−ス、⼆つ⽬はリデュース(廃棄量を半減)したい

解決策を見る

数量を数えるのが⼤変!

お困りごと

成型製品のカウント、袋づめ、箱づめを⾃動化したい

解決策を見る

大量の微小部品の検査と
収納が大変!

お困りごと

非整列状態で大量に排出されてくる微小部品を外観検査し、良品のみ出荷パレットに向きを揃えて整列収納させたい

解決策を見る

Flow

ご発注から納品までの流れ