製品紹介

実装基板検査装置

FAI n=1チェッカー
FAI  n=1チェッカー
FAI  n=1チェッカー
FAI  n=1チェッカー
FAI  n=1チェッカー

n=1チェッカー  X/Yシリーズ

ファーストロット用基板チェッカー。
量産開始前の確認用実装基板を短時間で検査し、より早いスムーズな生産立上を支援。
生産切り替え時のミスを防止し、実装ラインの生産性向上に貢献。
検査結果が自動的に記録され、品質資料他各種データとして活用できます。
Yシリーズではお客様からの要望が多かったリフロー後の基板検査に対応し、少量多品種の基板の定数チェックに効力を発揮。

■特徴1 インピーダンス自動検査

プローブでインピーダンスを自動測定しデータと照合、正規の部品搭載が確認できます。
また、チップ部品サイズは"0402"の大きさから対応できます。

特徴2 目視検査支援

カメラで部品1個ずつディスプレイに表示でき、実装状態を照合用の方向性マーク、型式文字等で容易に確認できます。

特徴3 TPG(Test Program Generator)

n=1チェッカーの動作用データを自動作成するプログラムです。

仕様書ダウンロード
FAIn=1チェッカーXシリーズ ダウンロード申請ページへ
FAIn=1チェッカーYシリーズ ダウンロード申請ページへ

▲ Page Top