製品紹介

オンボードプログラミング・バスアナライザ

オンボードプログラミング
オンボードプログラミング
■特徴1 フラッシュマイコンへのプログラミングとICT・BST・FCTの検査を一工程で実施 

生産工程と在庫を考えれば、プログラムの書き込みはデバイスが実装された後に行うことが得策です。
また、実装基板の電源・GND間のショート等、実装不良が無いことが確認できた基板に対してのみ書き込みを行うことができます。
書込み機は各種メーカに対応出来る汎用書込み機ですので、機種毎に機器を変更する必要が無く、検査&書込として一元管理が出来、時間と手間が省け信頼性も向上します。

 
■特徴2 最大8台のフラッシュマイコンを
コントロール 

横河ディジタルコンピュータ社製 MegaNETIMPRESSや G-NETIMPRESS多面取りPCB用マルチチャネルオンボードプログラマを搭載すれば、最大8台のフラッシュマイコンにプログラムすることが可能です。マイコン1台の場合は MegaNETIMPRESSをお奨めいたします。

 
■特徴3 当社取り扱いのICT、BST、FCTと
統合して生産性を最大化 

当社が長年取り扱っている、ICT(CheckSum社製MDA)、BST(Corelis社製JTAGテストツール)および当社開発のFCTを組み合わせ、顧客仕様に基づいた「統合管理ソフトウエア」によるコントロールが可能です。
 

仕様書ダウンロード
オンボードプログラミング ダウンロード申請ページへ

▲ Page Top